現代におけるリーダーシップ

Newsweek 2018/08/28号に「CIAが説く最高のリーダー論」という記事がありました。その中で次の部分が印象に残りました。

「リーダーは組織を’人間の集団’として扱うことが重要だ。逆説的だがつまるところここの構成員の行動なのだ。だから、よき指導者や成功する組織は、あらゆる階級の構成員にリーダーシップの資質と行動とは何かを浸透させ、互いに協力するように指導し、他の構成員の成功に貢献するように叩き込む。」

また、大企業の元経営者などが書いたリーダーシップ論の多くがカリスマ的なリーダーのアプローチを取っているが、それは誤解を生みやすいといっています。
自分なりに解釈すると、リーダーシップはリーダーだけが持つべき能力ではなく、ここのメンバーそれぞれが持たなくてはならない資質だということでしょう。
強引な力をリーダーシップと勘違いし、うまくいかない時は、メンバーの能力のせいにするリーダーは、いまだにいるようだが、現代の組織では通用しません。
先の文を借りると、リーダーに必要なリーダーシップは、個々のメンバーに組織の目標(道標)を示し、それぞれの能力を高めるということです。
また、個々のメンバーにとっては、自分に求められる必要な能力を組織の目的のために発揮できるよう自己開発をするということです。リーダーから育てられるのを待つのではなく、自ら育つという意識を持ち、研鑽するということでしょう。

以下の記事を併せてお読みいただければ、意味がつながるかと思います。

セルフリーダーシップ開発のススメ

カテゴリー: マネジメント・リーダーシップ, 大人の学び パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です